ハウスクリーニングをフランチャイズで開業する際に始めたいこと

ハウスクリーニングを開業する際に、フランチャイズが支持される理由

未経験から開業を目指すなら

ハウスクリーニングの未経験から目指すなら、個人でいきなり立ち上げるのではなく、ハウスクリーニングのフランチャイズに加入するか、開業支援サービスの手を借りましょう。経営のノウハウからクリーニングスキルの研修など手厚くフォローしてもらえます。

ハウスクリーニングのフランチャイズ契約で注意すべきこと4つ

開業するときはフランチャイズ加盟店の契約書をよく見て契約する

ハウスクリーニングをフランチャイズで開業する際、契約書の契約内容はよく読んでから印鑑を押すようにしましょう。

フランチャイズ加盟店のロイヤリティなどを確認しておく

フランチャイズでハウスクリーニングを開業するとロイヤリティが発生します。実際に売り上げの何%がロイヤリティに含まれるのかよく確認してから契約しましょう。

ハウスクリーニングの開業で分からない事があったらちゃんと聞く

ハウスクリーニングの開業となると何かとあわただしく、準備中にわからないことがあっても見切り発車する人も多いのですが、わからないことは同業者などにどんどん質問して理解しておきましょう。

自分の店の立地や経営計画はちゃんとてるか確認する

ハウスクリーニング開業の際、自分で決めた立地や経営計画に穴はないか、加盟店のハンコを押す前にもう一度確認して開業して大丈夫かどうかを判断しましょう。

ハウスクリーニングをフランチャイズで開業する際に始めたいこと

清掃道具

サポート体制が充実していれば安心!

ハウスクリーニングの開業支援業者はいくつかありますが、おすすめはサポート体制がしっかりしているところです。こまめな研修や事業相談、資金繰りや集客の相談に親身に乗ってくれる開業支援業者を選んでお世話になるようにしてください。

婦人

開業資金の目安は

ハウスクリーニングで開業する場合の資金は、実は0円から始められるという人もいます。ただしそれは家賃のかからない自分の店舗がある場合で、実際は初期の設備投資や、宣伝費などを含めると最低でも100万円はひっつようと言われています。あくまでも最低ラインなので、資金を調達できるなら余裕をもって用意するに越したことはありません。

準備期間はどれくらい?

ハウスクリーニングの開業は税務署に開業届を出せばすぐにでも開業できます。「開業するだけ」なら準備期間は必要ありませんが、店舗を探したり、技術を学んだりすると準備期間が必要となります。開業支援のセミナーでは何か月か研修を受けるケースがあり、準備には数か月~一年以上要する事があります。

集客のためにできることとは

ハウスクリーニングを開業したら集客をしなければお客は来ません。チラシを作って配ったりポスティングしたりなどの紙媒体もありますが、インターネットを使った集客も有効です。HPやブログ、SNSを活用して集客に生かしましょう。

業界初心者でも安定経営が目指せるフランチャイズを選ぼう

ハウスクリーニングを開業するときは、個人で開業するよりは安定した経営を目指せるフランチャイズからスタートすることをおすすめです。

広告募集中