会社設立の夢に向けてしておくべきこと|税金について

食器

開業時の強い味方

飲食店の開業を支える上で活用を検討してもらいたいのが、業務用食器です。豊富な種類の中から選ぶのは大変ですが、業者によってはコンサルティングサービスをしてくれるところもあります。要望に沿った食器を使うことで、時間の削減の効果も見込めます。

相談

用途によって使い分ける

中国輸入代行サービスを提供する業者も多くなっているため、送料比較なども大きな選定ポイントになります。業者によりサービス内容にも違いがあり、中国輸入代行サービスを利用する側の用途により、業者の使い分けを実施するのも利用手段の一つです。

お店

大阪で店を開く際の手続き

心斎橋で貸店舗を借りる際は、必要な準備と手続きをしっかり把握しておかなければなりません。不動産業者には口頭での説明よりも業務計画書などの書面での説明がスピーディーに進みます。こだわりがなければ同じ業種の居抜き店舗をそのまま使うと、準備が円滑に進むのでおすすめです。

会社を設立する方法

ビル

会社設立は自分で行う方法と、司法書士や税理士、行政書士などの専門家に依頼する方法があります。東京で会社設立は行うには、このどちらかの方法を選択することになります。また、最近は全国に対応した専門家も増えています。もちろん東京にも対応していますが、専門家に依頼する時は自分に合った人を選ぶといいでしょう。東京での会社設立の、一連の流れは次の通りになります。まず会社の基本事項を決定しましょう。これは会社の商号、目的、本店所在地などを決めます。ここでは類似商号に注意してください。会社は商号が必要です。類似商号の規制は撤廃されていますが、商号の選択には十分注意してください。また定款作成定款は会社の組織運営に関する根本原則を定めたものです。会社の基本事項を決めた後に、定款を作成します。 一般的には、印紙代節約のために電子定款がよく利用されています。公証役場での定款認証も必要です。電子定款を作成した場合、公証役場で定款の認証を行う必要があります。定款認証とは、定款に公証人の認証を受けて公正証書を作為する方法です。電子定款で認証すると、定款認証印紙代の4万円が免除されます。また資本金の振込資本金振込は代表者が行います。この振込については、定款認証日以後に実施します。最後に設立登記法務局に必要書類一式を提出します。なお、登記申請の日が会社設立日になります。登記までの時間は管轄登記所によって異なりますが、一般的には、登記を申請後、1〜2週間程度になります。そして登記完了で東京での会社設立の一連の作業は終わります。