フランチャイズ契約でハウスクリーニングを開業~集客率の重要性~

フランチャイズ加盟と個人経営の違いを比較!

フランチャイズに加盟するとどうなるか

フランチャイズに加盟するとフランチャイズ店舗の名前を名乗れ商標も使えるので、集客の心配がありません。初心者でも本部がアシストしてくれるので便利です。また、フランチャイズの名前で金融機関の信用が高くなるのもポイントです。

個人経営の場合はどうか

個人経営の店舗の最大のメリットは自分のやりたいように経営計画を立てる事ができます。しかしすぐに軌道に乗せるのは至難の業です。一度躓くと修正ができないので、まずはフランチャイズで経営のノウハウを学んで独立することをお勧めします。

ハウスクリーニング開業はフランチャイズがお得?ノウハウを学ぼう

レディ

経営スタイルを選ぶ

学習塾やハウスクリーニングを経営するときにフランチャイズか独立経営か、まずはどんな経営スタイルにするか考える必要があります。そのため、セミナーなどへ通って店舗管理やファクタリングの方法を学んだりしてからでも開業は遅くはありません。家業を継ぐ場合でも、ノウハウを学びたいのならまずはフランチャイズの扉をたたくこともおすすめです。まずはじっくりと検討しましょう。

開業支援サービスのサポートに注目!

ハウスクリーニングを独立開業したい人は開業支援サービスを利用すると便利です。資金繰りや売掛金回収に困らないファクタリングの方法や店舗管理の方法など手厚く支援してもらえます。独立開業に踏み切れない人はフランチャイズの加入方法や同業者の研修に参加させてもらうなどバックアップもバッチリです。開業に心もとない人はぜひ利用してみましょう。

独立開業のために綿密な計画を立てよう!

ハウスクリーニングを独立開業するためには準備が必要です。場所さがし、資金調達、事業計画はもちろん、事業に関しての技術や経営方法なども学ばなければなりません。一人で計画を立てるよりは、独立開業のための塾へ通ったり、セミナーに参加するなどをしつつ、綿密な計画を立てる必要があります。「やり方」をきちんと学んでから計画を進める事が重要です。

[PR]
店舗管理システムを確認
導入情報を調べておこう

資金調達の問題をクリアにしよう

ハウスクリーニングを開業する場合、独立開業でもフランチャイズでも先立つものがなければ開業できません。資金調達の問題は開業するにあたり一つの壁でもあります。そんな場合は資金調達に便利なファクタリングを利用しましょう。

起業に関する質問コーナー

資金調達はどうしたらいいか

ハウスクリーニングで起業する場合の資金調達は、フランチャイズの説明会やセミナーなどに通って学ぶか、資金調達業者のファクタリングを利用すると便利です。開業資金の調達や資金繰りのお悩みをサポートしてもらえます。

開業にあたり道具代などは安くできるのか

ハウスクリーニングは清掃のための道具を使わなければなりません。フランチャイズの業者でも店舗によって道具代の額面が違ってきます。自分で開業する場合は専門の卸業から買う事になりますが、業者もいくつか存在するのでよく比較することをお勧めします。

集客はどうしたらいいのか

フランチャイズにしろ個人営業にしろ、開業したら「集客」が必要です。フランチャイズの場合は所属している店舗の看板で集客ができる場合がありますが、それでも何もしなければお客は来ません。新聞の折り込みチラシやポスティングを作る、インターネットで集客するなど方法はあります。

清掃技術がないけど開業できるのか

清掃技術がない人がハウスクリーニングを開業する場合は、まずフランチャイズのセミナー、研修などに通ってしっかりと技術を身に着ける事をお勧めします。認定証をもらって開業できればその店舗のお墨付きとなるので、安心して開業に踏み切る事が可能です。

[PR]
ファクタリングのサービスを確認
詳細を今すぐにチェックしよう★

広告募集中